この記事へのコメント
 ギャグとアクションが中心の「ピュー太」では登場キャラクターの性格もベタつかずあっさりしていて、すぐ興奮する反面クールなところも見せる。中でもワルサーの雇われ部下のブレーキは他の連中よりもさめていて、傍観者的立場からその場で繰り広げられている状況に批判的なひと言を発することが多い。
 今回はそのシリーズ中でも珍しい、ブレーキが主役の人情編。

 腹ペコで丼を箸で叩いて催促するツルリに焼きイモを作るピュー太だが、どれもこれも失敗して「ヤイヤイ言うから失敗するんだよー!」と逆ギレする。業を煮やしたツルリはハッスルして焼きイモ製造機を発明。ハッスルのイメージは焼きイモに乗ったスーパーマンで、ちょいあっさり風味だ。
 ワルサーはご先祖様よりツルリが焼きイモマシンを作ったと聞かされ、ブレーキに盗んで来るよう命令する。この前にブレーキの料理を待っているワルサーがコップをフォーク等でチンチン叩いているのは、先のツルリと対になっていて芸の細かいところを見せるが、ワルサー、元貴族にしては行儀が悪いな。
 まんまと焼きイモマシンを盗み出したブレーキ、あるボロ屋から泣き声がするので行ってみると家の前には壊れたおでん屋の屋台が置いてある。中を見ると怪我をして寝ている父の横で泣き伏せるカッコと弟2人に妹の姿が。おでん屋をやっている父が事故に遭い寝込んでしまったのだ。具合を診ていた医者は治療費を払えないと言うカッコに、「全く貧乏人てのはやだね!」と捨てゼリフを残して去って行く。いや、このアニメ、ほんとに貧乏人とか不細工な人に容赦ないですね。
 「私が挫けてちゃいけないわ」と、自分を励ます健気なカッコにもらい泣きしたブレーキは、「この機械で焼きイモを作って売ってください。X仮面より」との書置きに材料費の千円を付けてマシンを置いて行く。あれ、やきいも仮面じゃないの?
 この時ブレーキが手紙を書きつつ「機械のキはキ○ガイのキ・・・あ、キ○ガイはウチの先生だったな」と独り言を言うのが、なんと言うか、かんと言うか。このアニメ、キ○チガイにも容赦ありません・・・て、こんなこと書いていいのでありましょうか。
 早速焼きイモ屋を始めるカッコたちは、「5秒で焼ける」を売り文句に大繁盛。優しいお医者さんにも診てもらって、まだ顔も知らぬX仮面に感謝する。カッコが想像するX仮面は初め白馬の騎士スタイルで現れ、次にシャツに水玉のネクタイ姿になる。憧れの存在よりももっと身近な存在になりたい、という願望の変化を表しているのだろう。
 ワルサーからマシンを横取りしたと疑われ、雨の中パンチマシンの拷問を受けるブレーキ。(本当に拷問されます)口を割らずに何とか逃げ出し、ピュー太にマシンの借り賃を返そうと貯金を全額下ろして手紙を添え、研究所に急ぐ。その途中焼きイモマシンの噂を聞いて現場に向かおうとしていたピュー太に出くわし、押し問答をしているところへカッコたちが屋台を押してやって来たから話がややこしくなる。
 カッコはピュー太をX仮面と勘違いし、弟たちはブレーキに飛びかかる。逆に感謝されて戸惑うピュー太。「みんな、この悪い人を叩き出しなさい」なんて言われて逃げ出すブレーキ、哀れなり。そこにワルサーカーに乗ったワルサーが来たもんだから、益々ややこしいことになる。
 マシン争奪戦の中でワルサーはマシンを壊してしまい、それを見たブレーキは怒りが爆発、「もう勘弁できない。辞めさせてもらうからな!」とワルサーをボコボコにする。弾みでブレーキが落とした手紙を読んで「あの人がX仮面だったんだわ」と、カッコは自分が誤解していたことに気づく。
 いつも通り色々あった後ワルサーは車ごと吹っ飛ばされ、ツルリはその残骸を使って新焼きイモマシンを完成させる。今度のは自動車仕様だから移動も簡単だぞ。(誰が運転するのかはさて置いて)
 場面変わってブレーキは1人ポツンと佇み、夕陽を見ながら「うさぎおーいしかの山・・・」と歌いつつ故郷の母を思い出して涙を流す。田舎に帰ろうと決意するも、空の上には母の姿に変わってカッコの顔が。このブレーキの心の描写が実は今回の1番の見所なのであります。
 そこへカッコとピュー太たちが来て、ブレーキは誤解が解けたことを知る。改めてブレーキがカッコから感謝されるのを見たツルリが「ワシだって感謝されたいよ」てなことを言って、みんなで「あっはっは」となって騒ぎは収まる。
 ブレーキも加わって新焼きイモマシンで焼きイモを売るカッコたち。「3秒で焼ける」と、マシンもグレードアップされている。カッコのオーダーに応えるブレーキ、その首には想像の中で憧れのX仮面が着けていた水玉のネクタイが。ネクタイにトランクアップしながら・・・end. 憎いねえ。

 実に温かみのあるウェルメイドな仕上がりの演出はひこねのりおさんで、この頃から今も変わらぬ作風を感じさせます。
Posted by hagi at 2005年09月19日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。